くらし情報『「夫の全部が好きでした」森友問題で自死した赤木さんの妻が今、強く思うこと』

2020年9月30日 08:00

「夫の全部が好きでした」森友問題で自死した赤木さんの妻が今、強く思うこと

「夫の全部が好きでした」森友問題で自死した赤木さんの妻が今、強く思うこと
雅子さんは故・赤木俊夫さんの写真を大事そうに抱えていた
財務省が学校法人『森友学園』(大阪市)に、国有地を8億円も値引きして売却。売却の際に作成された決裁文書の改ざんを命じられた財務省近畿財務局の職員・赤木俊夫さんは2018年、苦悩の末に自ら命を絶った(享年54)。俊夫さんの妻・雅子さん(49)は、夫の残した手記をもとに、国と佐川宣寿・元財務省理財局長に対して裁判を起こしている。「私は真実が知りたい」と語る雅子さんは今、何を思うのか。森友学園問題を、このまま終わりにしていいのか。切なる胸中を明かしてもらった。

■趣味は“夫”。円満夫婦を襲った悲劇

「夫はかけがえのない存在で、大好きな人。22年間一緒でしたけれど、ケンカもしたことがなかったし、本当に仲がよかったと思います。夫の全部が好きでした」

雅子さんは出会って2回目で俊夫さんから結婚を申し込まれ、めでたく夫婦に。「家にいてもずっと隣にひっついていました」と穏やかに語る雅子さんの趣味はズバリ「赤木俊夫」。夫と一緒にいることが、楽しくて楽しくてしかたがなかったという。

「夫はとにかく仕事に一生懸命でした。亡くなった後に知ったのですが、ご近所の方に“自分の雇用主は日本国民だ”って話していたそうなんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.