くらし情報『『東海オンエア』熱愛報道にみる“ユーチューバーゴシップ”増加の新時代』

2020年9月25日 16:01

『東海オンエア』熱愛報道にみる“ユーチューバーゴシップ”増加の新時代

■一流パパラッチvsユーチューバーの結末

時代の流れをいち早く掴んだ『文春砲』はついにユーチューバーをも標的にするようになったか。そう思って記事を読んだが、今回のパターンは狙い撃ちではなく、流れ弾が命中しただけということがわかる。

というのも、『仮面ライダーセイバー』の主演俳優・内藤秀一郎とかす(これまたユーチューバー。平仮名多すぎ)の熱愛を追ってかすの住む高級マンションを張り込んでいたところ、たまたまそこを出入りするふたりを目撃したと記述されているからだ。

ここで気になるのは、“偶然見つけた”くだりに登場するこんな描写。

《「あれ、『まこみな』のまこちじゃないですか?」》

通りがかった元カリスマJKを目視で判別できるこの記者はいったい何者なのか。ドラマなどに出ててくる無精髭にニット帽をかぶったおっさん記者イメージをぶち壊すようなまこみな認知! しかも“まこち“と愛称呼び。暗がりのなかマスクをつけている彼女を見つけることができるなんて、よっぽどのファンなのか。とにかく有能な記者である。一方、ターゲットにされたとしみつとまこはというと、

《しっかりと腕を組んで、近所のコンビニに入っていったが、買い物が終わって、店から出てきたときには、周囲を警戒。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.