くらし情報『『東海オンエア』熱愛報道にみる“ユーチューバーゴシップ”増加の新時代』

2020年9月25日 16:01

『東海オンエア』熱愛報道にみる“ユーチューバーゴシップ”増加の新時代

互いに距離をとって歩きながら、マンションへと戻ってきた》

とある。全く意味をなしていない警戒コントラストはコントさながらだが、確かに恋愛事情の詮索を前提とした芸能人とユーチューバーでは、張り込まれているという意識とその対策力が違うのも当然。まさか自分が俳優みたく背景に“薄ぼかしモザイク”を入れられたあの写真を掲載されるとは思わなかっただろう。ド正面から腕組み姿をパシャパシャ、されたのである。

とにかく、「一流パパラッチが超人気素人を撮る」という新時代のスクープはこのような結果となった。

■ユーチュバーのスクープ連発!  の時代に?

そして驚くべきは、この記事が『文春オンライン』のアクセスランキング1位に躍り出たということ。新たな需要が証明されてしまったのである。今後は編集長による「ユーチューバーを狙え」の号令とともに、スクープが量産されてしまいそうだ。そうなるとユーチューバーも“週刊誌対策”も覚えていくのだろうか。キャップを目深にかぶりタクシーに乗ったまま高級タワマンの地下駐車場に消えていった……みたいな感じで。ゴシップが新たなフェーズに突入した瞬間なのかもしれない。

しかし、どうやら熱愛スクープはユーチューバーにとっては無意味なようで、としみつ・まこ両名の所属事務所が出したコメントは、

「仲良くさせていただいております」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.