くらし情報『「息子が、人を殺した」地獄を見た《加害者家族》の苦悩、自ら命を絶つ親も』

2020年9月28日 17:00

「息子が、人を殺した」地獄を見た《加害者家族》の苦悩、自ら命を絶つ親も

とだけ供述していた。警察から何度聞かれても、私たちに思い当たることなど浮かばなかった。

「急いで、時間がない」

夫はタクシーを待たせたまま急いで家の鍵を開けると、ボストンバックに荷物を詰め込んだ。まもなく自宅には報道陣が押し寄せる。その前に避難するよう警察から助言されていた。通帳と数日間の着替えだけを持って、麻衣と夫は繁華街へ向かった。ふたりは安宿を見つけて駆け込み、娘は夫の実家に避難させた。

「〇〇町で起きた通り魔事件、犯人は高校生ーー」。スマホを見ると、息子の事件がトップニュースになっている。昨日まで何事もなく暮らしていた自宅の周りには、夥しい数の報道陣が詰めかけていた。

インターネットには、あっという間に事件に関する書き込みが溢れ、すでに夫の会社や娘が通う中学校の情報まで特定されていた。もう、元の生活には戻れない……、麻衣がそう感じたとおり、一家が再び自宅に戻る日は来なかった。

■一家は離散、苦しみ続ける日々

世間で飛び交っている情報は、事実とは異なる話ばかりだった。《犯人の少年は、猫を殺していたらしい。近所で、いくつもの猫の死体が発見されている》

《近所の人の話によれば、少年の両親は不仲で、いつも喧嘩していたようだった》

ワイドショーのコメンテーターも、誰が話したかわからない情報を基に、「少年は暴力的ですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.