くらし情報『BTS弟グループ誕生の裏で、日本人候補者を陥れた「悪魔の編集」と「デマ拡散」』

2020年9月26日 16:00

BTS弟グループ誕生の裏で、日本人候補者を陥れた「悪魔の編集」と「デマ拡散」

BTS弟グループ誕生の裏で、日本人候補者を陥れた「悪魔の編集」と「デマ拡散」
Kのファン有志が韓国ソウルの地下鉄駅構内に出した、投票を呼び掛ける応援広告。番組では放送中、公式ウェブサイトとスマートフォンのアプリを通じた視聴者投票が行われていた
『BTS』(防弾少年団)の世界的ヒットを受け、今や韓国を代表する芸能事務所となったBig Hitエンターテインメント。会社を率いるパン・シヒョク代表が総括プロデューサーとして参加した韓国発のアイドルサバイバル番組『I-LAND(アイランド)』が9月18日、最終回を迎えた。

6月26日にスタートし、日本を含む世界各地で放送・配信されていた本番組。韓国、日本、台湾、ベトナムなどから集まった23人の候補者が、グローバルアイドルとしてのデビューを賭け、113日間、生活をともにしながらダンスと歌のテストに挑戦。最終候補者9名で迎えた最終回では、視聴者投票とプロデューサー陣の選出により7名のデビューメンバーが決定。『ENHYPEN』(エンハイフン)として活動することが発表された。日本出身のニキ(14歳)も見事メンバー入りし、日本のK-POPファンを沸かせた。

その一方で、有力候補とされていた日本出身のK(ケイ)の脱落が、大きな波紋を呼んでいる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.