くらし情報『『半沢直樹』強さの源は剣道? 現役バンカー剣士に“同業の半沢”について聞いてみた』

2020年9月27日 19:00

『半沢直樹』強さの源は剣道? 現役バンカー剣士に“同業の半沢”について聞いてみた

『半沢直樹』強さの源は剣道? 現役バンカー剣士に“同業の半沢”について聞いてみた
『半沢直樹』ロケに臨む堺雅人
「剣道の鍛錬で身についてきたもの。そして銀行員という厳しい仕事をする中で培われてきた強さでもあると思います」

そう話すのは剣道歴30年以上の腕前を持つ千葉銀行のバンカー、岩崎由紀子(仮名)さん。現役剣士の視点から同業の剣士・半沢直樹を語ってもらった。

「劇中で難局や壁にぶち当たったとき、部下や仕事仲間と剣を交える場面がありましたよね。剣士は剣を交えることで気持ちの切り替え、抱えているモヤモヤを吹っ切るんです。稽古に打ち込み、集中力を高めているのだと思いました」

■半沢たちのチームワークは……

さらに打ち合うことは信頼を深めることにも関係がある。

3話で尾上松也演じるIT企業『スパイラル』の瀬名社長と打ち合いをしていたシーンでも、

「剣道では内面の感情を隠して戦うことはできません。相手が強ければ強いほど自分をぶつけ、すべての感情を出し切って戦います。そこでその人の本心が出てくるんです。瀬名さんとは前からのつながりもありますが、打ち合うことでお互いに“こいつとだったら大丈夫”だと信頼を深めたのではないかと」

この打ち合いの後、瀬名は半沢の協力者の一人としてその絆は確かなものとなった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.