くらし情報『『半沢直樹』はなぜ大衆にウケたのか、“社会風刺と顔面芝居”が生んだ施し』

2020年9月27日 13:00

『半沢直樹』はなぜ大衆にウケたのか、“社会風刺と顔面芝居”が生んだ施し

『半沢直樹』はなぜ大衆にウケたのか、“社会風刺と顔面芝居”が生んだ施し
ドラマ『半沢直樹』の会見での堺雅人と香川照之(’13年)
日曜劇場(TBS系・日曜夜9時)で放送されている連続ドラマ『半沢直樹』が最終回を向かえる。

■『半沢直樹』なぜ大衆に受けるのか

本作は2013年に放送されたドラマの続編で、原作は池井戸潤の人気シリーズ小説。2013年に『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』がドラマ化され、今回の2020年版では『ロスジェネの逆襲』、『銀翼のイカロス』が原作となっている。

主人公は大手メガバンク・東京中央銀行の銀行員(バンカー)として働く半沢直樹(堺雅人)。銀行に「貸し剥がし」をされて、町工場を営む父を自殺に追い込まれた半沢は、亡き父のためにも銀行を変えようと思い入行し、頭取を目指していた。

物語は毎回、融資や債権回収の裏側にある銀行内の派閥争いに巻き込まれた半沢が、汚職の証拠を見つけ出し、犯人を“倍返し”で追い詰めるというもの。

劇中では専門用語が飛び交い、経済や政治に関する知識がないと難しい話に感じるのだが、そういった表面的なディテールはある程度聞き飛ばしても成立するのは、根幹にあるのが、シンプルな勧善懲悪の物語だからだろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.