くらし情報『眞子さま、秋篠宮ご夫妻も介入できない「結婚一時金」は“減額されても”1億4千万円!』

2020年9月29日 17:30

眞子さま、秋篠宮ご夫妻も介入できない「結婚一時金」は“減額されても”1億4千万円!

眞子さま、秋篠宮ご夫妻も介入できない「結婚一時金」は“減額されても”1億4千万円!
9月16日、東京・日本橋の『三越』で行われた展覧会へ。約8か月ぶりの公務となった眞子さま
「9月16日、眞子さまはご自身が総裁職を務める『日本工芸会』が主催する『日本伝統工芸展』に足を運ばれました。外出自体は6月16日の『香淳皇后二十年式年祭』、祭祀以外のご活動は1月17日の『日本伝統漆芸展』以来で、約8か月ぶりとなりました」(皇室担当記者)

当日は、新型コロナウイルス対策も万全だった。

「総裁賞の作品などをご覧になりながら“毎年楽しみにしています。コロナ禍でも力を入れた作品が多く並んでいることがとてもうれしいです”といった感想を述べられたそうです。

昨年までは100名以上が参加していた行事ですが、今回は30名ほどに減らし、検温や消毒、マスク着用などのコロナ対策を徹底。現場の記者たちもソーシャルディスタンスを保つことが義務づけられるなど、事前に慎重な検討が行われたうえでご出席が決まったのです」(同・前)

ただ、コロナ禍になって以降、公務をいっさい行われていなかった皇室において、なぜ眞子さまが“いちばん早いお出まし”になったのか。

「皇室の中でも秋篠宮家は、外出自粛を徹底されており、コロナで影響を受けた各業界の関係者からオンラインで頻繁にご接見を行っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.