くらし情報『「スガノミクスで大増税が家計を襲う」と専門家、老後資金は結局いくら必要!?』

2020年10月2日 11:00

「スガノミクスで大増税が家計を襲う」と専門家、老後資金は結局いくら必要!?

「スガノミクスで大増税が家計を襲う」と専門家、老後資金は結局いくら必要!?
※画像はイメージです
長引くコロナ禍で、景気の悪化をひしひしと感じるこの秋。高い内閣支持率でスタートを切った菅義偉政権の下、私たちの暮らしはどうなっていくのだろう?

経済アナリストの森永卓郎さんは「菅政権では、景気はもっとひどくなるでしょう」と、ズバリ断言する。そもそもコロナ禍の前から経済状況はよくなかったという。

「アベノミクスも最初はうまくいっていたんです。金融緩和で世の中に出回るお金が増えて、株価は上がり、非正規が多いとはいえ働き口も増えました。でも、目指していたデフレの解消は果たせなかった。特にまずかったのが消費税の増税です」

確かに、2度の増税は痛かった!財布のひもも固くなったし。

「みんなが節約モードになってデフレ再突入の様相になり、企業は給料をさらに抑えるように。物価と収入の関係を表す実質賃金でいうと、安倍政権下で1割も下がってしまったのです」

森永さんは、菅政権の経済政策“スガノミクス”によって、「大増税が庶民の家計を襲う」と予測する。

「安倍さんは景気重視で経産省出身の秘書官を重用していましたが、その安倍さんがいなくなれば、財務省が本来の力を発揮してくるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.