くらし情報『おひとりさま女性の“老後マネー”をプロが算出、必要額の目安は「年収の5・5倍」!』

2020年10月3日 08:00

おひとりさま女性の“老後マネー”をプロが算出、必要額の目安は「年収の5・5倍」!

おひとりさま女性の“老後マネー”をプロが算出、必要額の目安は「年収の5・5倍」!
※写真はイメージです
未婚女性はもとより、結婚していても離婚や夫に先立たれるなどで、老後はひとりで迎えるという人が増えている。男性に比べて女性は平均寿命も長く、より長い老後に備えておく必要がある。

■収入を増やし、資産運用を

「まずするべきは、すべての金額を明確にすること」というのはFPの中村芳子さん。今の貯金額、退職金の有無、老後にかかる月々の生活費はクリアにしておきたい。さらには、老後の生活費と不測の事態に備えてまとまった金額の貯金を。目安となるのは、年収の5・5倍の額。

「専業主婦で夫がいるならば、夫の年収の5・5倍。未婚女性で会社員ならその年収の5・5倍となります」

またシングルでも既婚でも老後を迎える際に、資金繰りを大きく左右するのが住居費。住宅ローンがあるなら65歳までに払い終えておくと安心。賃貸ならば、負担額を減らす方法を考える必要がある。

「収入を増やすという視点も大事。年収100万円程度でいいので、75歳まで働けば、老後資金の不安はかなり軽減されます。低リスクな資産運用も積極的に取り入れて」

できることを今から始めて、明るいシングル老後を手に入れよう。

■老後に備えて、いくら貯めておくべき?

あなたの年収(※1)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.