くらし情報『“油のとり方”次第で60種類の病気が改善! ポイントは「オメガ3とオメガ6の比率」』

2020年10月2日 08:00

“油のとり方”次第で60種類の病気が改善! ポイントは「オメガ3とオメガ6の比率」

“油のとり方”次第で60種類の病気が改善! ポイントは「オメガ3とオメガ6の比率」
※写真はイメージです
「油脂は身体を支える大切な栄養素のひとつ。とる油を変えると“脳が若返る”“60種類以上の病気が改善する”とも言われるんですよ」

と教えてくれたのは、油の専門家、オイリスト・地曳直子(じびきなおこ)さん。

■油の選び方ひとつで大病を防げる

新型コロナウイルスの影響で、人との会話や外出が減って、脳への刺激が少なくなりがちな昨今。また、身体のさまざまな不調や免疫力も気になるところ。そこで今こそ、注目したいのが油だ。

家族の糖尿病をきっかけに栄養療法を学んだ地曳さん。教えを受ける先生によって多様な考え方があるなか、唯一、共通していたのが「油のとり方の大切さ」だった。

「私たちの身体は、とる油によって、体質や体調が大きく変わってくるんです」

そもそも、油脂は、身体でどんな働きをするのか。主な働きは3つあるという。

「1つ目は、身体のエネルギー源。『太る』というイメージはここからですね。ただ、油脂には身体にたまりやすいものと、たまりにくいものがあります。どんな油脂をとるかによって、体脂肪のコントロールもできるんです。

2つ目は、細胞の“膜”としての働き。よい油脂をとれば、全身の細胞をよい状態にしてくれます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.