くらし情報『飼い主の死後もペットの世話をする信託制度、新しい里親に“高齢夫婦”を選ぶワケ』

2020年10月1日 04:00

飼い主の死後もペットの世話をする信託制度、新しい里親に“高齢夫婦”を選ぶワケ

大切な家族の一員であるペットも、人間と同じように高齢化。要介護になった犬猫や、飼い主亡きあとの心配に応えるサービスが続々登場している。ご長寿時代の「終活」最前線をレポート!

飼い主の死後もペットの世話をする信託制度、新しい里親に“高齢夫婦”を選ぶワケ
※写真はイメージ■飼い主の死後も生涯の世話を約束

「60歳を過ぎて病気で入院したとき、飼っている猫3匹を友人に預けたんですが、入院が長引き、半月もかかってしまって。私に何かあったら、この子たちはどうしたらいいだろう?と考えたんです」

そう話すのは、NPO法人ペットライフネットの理事長・吉本由美子さん。定年後の人生をどう生きようかと考えていたときの、病気・入院──。その経験から吉本さんは愛猫に少しでも資産をのこしたいとの思いでペットライフネットを設立。2014年に友人の弁護士らの協力を得て、「わんにゃお信託(R)」のサービスをスタートさせた。

犬猫は法的には「物」として扱われ、飼い主は財産をのこせない。しかし、信託であれば、それが可能となる。

まず、飼い主の遺言とセットで信託契約を結ぶ。飼い主が亡くなってから、ペットの所有権をペットライフネットに移すことを前提に、終生飼養契約を交わす。終生飼育の費用をペットライフネットに託し、飼い主の死後もペットの面倒を生涯、みてもらうというサービスだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.