くらし情報『菅田将暉『半沢直樹』は下品、炎上も「ドラマ不況は言い訳」本当の“問題”発言』

2020年9月30日 16:30

菅田将暉『半沢直樹』は下品、炎上も「ドラマ不況は言い訳」本当の“問題”発言

「耳が痛いですね(苦笑)。確かに、制作サイドやテレビ局上層部、そしてスポンサー対応をする広告会社などでも、“10%を超えれば大成功”が当たり前のものとなっていて、たとえ視聴率が悪くとも“今はそんな時代なんですよ”と、テレビ離れやドラマ不況を言い訳してなあなあにしているのも事実でしょう。

ですから、最低限の数字を確保するために手っ取り早い漫画原作を題材にしたり、とにかくイケメンを揃える安易なキャスティングに走りがちな傾向にあります。

そんな中で『半沢直樹』は32・7%を叩きだした。本当に面白い原作を題材に、脚本を練って、演技ができる本物の役者を揃えて、しっかりとドラマを作り込めば今も視聴者を引き込めることを証明したのです。菅田君はものづくりに携わる俳優として、ますますテレビ離れが加速する危機感を訴えたのではないでしょうか」(キー局幹部)

ラジオでは最後に「がんばろう」とぽつり呟いた菅田。“ドラマ不況”という虚構を打ち破ることができるか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.