くらし情報『定年後にマンション管理組合や自治会で威張り散らす、「キレる高齢者」が増える原因』

2020年10月7日 08:00

定年後にマンション管理組合や自治会で威張り散らす、「キレる高齢者」が増える原因

企業戦士たちは現役を終えた段階で、人生もほぼ終焉に向かっていた。しかし、現在の平均寿命は女性 87歳、男性81歳になった。人生100年時代とも言われ、今後はますます長命になっていくことだろう。

言ってみれば、いまの高齢者はまだまだ元気なのに、ひと昔前と同じように60歳でお役御免となり、暇を持て余している世代だと言えるのではないか。

街中でキレる人も、企業などに対して悪質なクレーム(いわゆるカスタマーハラスメント)をする人も、家庭で威張る人も、結局、その多くは元気で暇なのだ。暇を持て余しているから、寂しさを感じたり、承認欲求が出てきたりするのではないだろうか。

定年後に、20年も30年も暇を持て余していればネガティブにもなる。あることないことを吹聴する女性たちも、やることがなくて手持ち無沙汰なのだ。これからの高齢者は退屈で不機嫌にならないために、高齢期の生き方を前もって考えておく必要があるのではないだろうか。

林 美保子(はやし・みほこ)1955年北海道出身、青山学院大学法学部卒。会社員、編集プロダクション勤務などを経て、フリーライターに。経営者や著名人インタビュー、エンタメ系など幅広い分野の記事を担当する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.