くらし情報『大相撲・横綱審議委員こそ制度改革が必要、ファンの怒りを買った「時代遅れな発言」』

2020年10月2日 18:00

大相撲・横綱審議委員こそ制度改革が必要、ファンの怒りを買った「時代遅れな発言」

なんせ無観客で開催された苦しい3月場所は白鵬が優勝、鶴竜が準優勝。先場所は初日のケガで鶴竜は休場したものの、白鵬は10日目までぶっちぎりの相撲でトップを走っていた。

ずっと休場しているわけでもないし、ケガが理由で休んでいて、横審の内規には「休場の多い場合。ただし、休場が連続するときであっても、そのけが・病気の内容によっては、審議の上、再起の可能を認めて治療に専念させることがある」とされる。

今回はそれを鑑みたのだろうか?審議委員会であるなら、そうした審議過程のことも、もっと丁寧(ていねい)に説明するべきではないか。

■横審が誕生したのは1950年

また「日刊スポーツ」が報じたところでは矢野委員長は、「問題意識は(委員の)共通したもので横綱は立派であってほしい。休場しても地位が守られているのは国技の象徴であるから。横綱は特別な地位であり、権利だけでなく義務も伴う。ほかの力士より一段と高い自己規制の基準を持つべき」と言ってるようだが、そもそも国技ではないということを、そろそろ横審もきちんと本など読んで調べ、理解してから委員会に出席してほしい。

八角理事長も、千秋楽の協会ごあいさつで「日本古来よりの伝統文化である大相撲」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.