くらし情報『<池袋暴走事故>10月初公判を控えた“上級国民”飯塚幸三被告の「現在」を追う』

2020年10月7日 18:30

<池袋暴走事故>10月初公判を控えた“上級国民”飯塚幸三被告の「現在」を追う

<池袋暴走事故>10月初公判を控えた“上級国民”飯塚幸三被告の「現在」を追う
事故現場の実況見分に立ち会う飯塚被告(2019年6月)
「飯塚さん?このところまったく見ないね。あまり見ないから、引っ越したという話もあるけど……」

と飯塚幸三被告(89)が住む東京・板橋区の近所の住民は話す。

飯塚被告といえば、旧通産省工業技術院の元院長で、昨年4月19日、東京・豊島区の東池袋で自ら運転する車が暴走。松永真菜さん(享年31)と長女の莉子ちゃん(享年3)の尊い命を奪い、10人にケガを負わせた。

事故後、被告が高齢に加えて当初は入院して、逃亡や証拠隠滅のおそれがなかったことから、警察が逮捕せずに捜査したことに世論が沸騰。被告が東大出身のエリートなので、特別扱いしているのではないのか。“上級国民”だから忖度(そんたく)しているのではーー、と多くの国民から反感を買ったのだった。

昨年8月、被告の自宅マンションを直撃すると入り口には、

《迷惑です。インターホンを押し取材をすることはおやめください。悪質な場合、警察に通報します》

との“強気”すぎる貼り紙が。

「予約していたフレンチに遅れそうだったから……」と供述していると報じられた被告
はその後、テレビ局の取材に、「自分の体力にはその当時は自信があったんですけれど」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.