くらし情報『華原朋美の進む “シンデレラおばさん化”、不安定のままメディアに出続ける衝撃』

2020年10月5日 17:00

華原朋美の進む “シンデレラおばさん化”、不安定のままメディアに出続ける衝撃

華原朋美の進む “シンデレラおばさん化”、不安定のままメディアに出続ける衝撃
華原朋美
朋ちゃんこと華原朋美(46)は“現代のシンデレラ”として世に出た。王子様はプロデューサーの小室哲哉で、魔法は当時、大流行していたコムロサウンドだ。

■華原朋美のシンデレラストーリー

小室は彼女を“恋人”だと公言したうえで、

「自分のプライベートを使ってまで世の中の人に知ってもらいたいアーティスト」

だと、その魅力を宣伝。おかげでB級グラドルにすぎなかった彼女は、世の女性が憧れる歌姫となったのである。

しかし、この物語はそこでめでたしめでたしとはいかなかった。ふたりは破局し、彼女はガス中毒や貧血で病院に運ばれてしまう。

その後、事務所を移籍し、小室作品ではない新曲をリリースすることになったが、世間は魔法が解けたあとの現実を目の当たりにするのだ。

’99年6月、乗馬クラブで開かれた復帰会見。特技の乗馬を披露して「元気」をアピールした彼女は「いつまでも小室さんに頼っていられない」として、新恋人の存在も明かし、

「彼はバーテンダーです。できれば、結婚もしたいと思ってます。来年あたり」

と語った。が、それは当時ASAMIこと吉田麻美との交際が噂されていた小室に対抗してのウソだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.