くらし情報『「夫が死んだらもらえるお金」は意外に多かった! 大損しないためのチェックリスト』

2020年10月8日 08:00

「夫が死んだらもらえるお金」は意外に多かった! 大損しないためのチェックリスト

「夫が死んだらもらえるお金」は意外に多かった! 大損しないためのチェックリスト
※写真はイメージです
「国や自治体から受けられるお金のサポートは、申請しないともらえないケースがほとんどですね」

そう話すのは、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さん。夫の死と突然、向き合うと何も考えられなくなるものだが……。

「それはわかります。ですが残された家族は、これから生きていかなければならない。受けられるべきサポートを知り、安心につなげたいですね」(風呂内さん、以下同)

■死後の手続きは効率よくこなす必要アリ

受給できる給付金の申込期限は2年や5年などが多い。

「一方で、7日や14日など期限が短い手続きもあります」

夫が亡くなって最初に行う手続きは、役所に死亡届(7日以内)を出すこと。

「このとき旦那さんが国民健康保険の被保険者であれば、役所で夫の保険証の返却(14日以内)も行いましょう。そのままにしておくと、保険料を支払い続けてしまうことも」

支払った保険料を取り戻せる場合も多いが、

「手続きが遅れると保険料が戻ってこないケースもあります。また、死後の手続きは多いため、手間は減らせるといいでしょう」

これから紹介するサポートも、すべて役所で手続きができるわけではない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.