くらし情報『ジャニーズは「解散」という美学を忘れたのか、“名ばかりグループ” を増やす罪』

2020年10月6日 20:30

ジャニーズは「解散」という美学を忘れたのか、“名ばかりグループ” を増やす罪

ジャニーズは「解散」という美学を忘れたのか、“名ばかりグループ” を増やす罪
活動休止する嵐・大野智、3月に退所するTOKIO・長瀬智也、退所した元NEWS・手越祐也、不祥事で退所&解散した宇宙Six・山本亮太
もはや不祥事以外で、解散という道はないのか?

闇パチスロ店に出入りしたことを「文春デジタル」に報じられたジャニーズJr.の4人組ユニット『宇宙Six』の山本亮太(30)。今月1日をもってジャニーズ事務所は、山本との専属契約を解除した。

「いい訳は通じない。闇スロで金を使えば、それは間違いなく反社会的勢力の資金になる。事務所としては、首を斬るしかなかった」

と芸能リポーター。残った『宇宙Six』の3人、松本幸大(31)、江田剛(32)、原嘉孝(25)は自分たちで話し合い、解散を決めた。

■潔さがない、未練タラタラ

「宇宙Sixはデビューこそしていませんが、ジャニーズのグループとしてSMAP以来の解散です(退所グループはあり)。事実上の解散、というグループはたくさんありますが、なぜか解散しない。その理由としては、ジャニー(喜多川)さんが作り、強い思い入れがあったグループだからなどいろいろありますが、解散を発表しないのは潔さがない。未練タラタラなんですよね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.