くらし情報『ジャニーズは「解散」という美学を忘れたのか、“名ばかりグループ” を増やす罪』

2020年10月6日 20:30

ジャニーズは「解散」という美学を忘れたのか、“名ばかりグループ” を増やす罪

それでも彼らは今も、活躍しているからファンとしてはありがたい。

1990年代に一世を風靡したダンス&ボーカルグループのSPEEDは、人気絶頂で解散を選択しました。その際、所属事務所社長に『活動休止という選択肢はなかったのか』と尋ねたところ、『本人たちに今、SPEEDとして再び活動する気持ちがなく、復活する時期も明確に打ち出せないのに活動休止にすることは、ファンを裏切ることになる』ということを静かに語っていました。

グループ活動をしないグループを残すことがファンを裏切ることにならないのか、解散しないジャニーズグループが増えるにつけ、そんなことを考えますね」

自分の人生をかけ、好きなタレントを必死に推すアイドルファン。解散する日が来ないことを祈りつつも、解散という儀式を通過することによって、ファン自身もそれまでの応援活動にピリオドを打ち、清々しく散る気分を味わえる。

「解散や引退をきちんと表明し、それに向けて最後のコンサートツアーなどを行うことで、グループとファンの密な関係性を最後まで共有することが、解散であり引退。引退した歌手の安室奈美恵さんのように、きちんとファンにさよならを言ってくれたほうが、ファンはいつまでもモヤモヤしないで済みますよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.