くらし情報『『エール』中村蒼、初挑戦のギター練習で発狂! みかねた森山直太朗がアドバイス』

2020年10月15日 04:00

『エール』中村蒼、初挑戦のギター練習で発狂! みかねた森山直太朗がアドバイス

『エール』中村蒼、初挑戦のギター練習で発狂! みかねた森山直太朗がアドバイス
中村蒼撮影/齋藤周造
「朝ドラは今回が初めて。以前は、実家に帰るたびに家族や親戚の人たちによく”朝ドラ出てね〜“って言われて、期待されても自分の力だけじゃどうにもできないのになって思っていたんです。だから、今回『エール』に出演させていただいたら、僕以上に周りの方々が喜んでくれていますね。反響の多さにびっくりしています」

■課題曲の練習で発狂しそうに

作詞家となり、作曲家の裕一(窪田正孝)や歌手の久志(山崎育三郎)とともに“福島三羽ガラス”として活躍する村野鉄男を演じる中村蒼。ドラマでは、久志とともに居酒屋で流しをするシーンでギターにも初挑戦。毎日の練習は想像以上に大変だったそう。

「足を引っ張ってはならないプレッシャーもあり、できる限り練習しました。家では披露する課題曲(『船頭可愛いや』)をひたすら弾いて、指がつったりし発狂しそうになったことも(笑)。森山直太朗さんに、“いかに自信満々の顔で演奏するのかが大事”と教えていただいて。本番はその教えを忘れず、うまく弾いているんだって自信満々で臨みました」

現場ではこんなエピソードも。

「裕一や久志とのシーンが多いんですが、育さん(山崎)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.