くらし情報『中村獅童が語る「あきらめたら終わり。悔いの残らない、潔い生き方をしたい」』

2020年10月16日 11:00

中村獅童が語る「あきらめたら終わり。悔いの残らない、潔い生き方をしたい」

中村獅童が語る「あきらめたら終わり。悔いの残らない、潔い生き方をしたい」
中村獅童撮影/森田晃博
「誠実でまっすぐ、ウソがない。男らしく信頼できる人間を意識して演じました」

江戸を舞台に境遇の違った女性ふたりの友情を描いた映画『みをつくし料理帖』(10月16日公開)で、ふたりを見守る料理番を演じた中村獅童。

原作は400万部を超すベストセラーで、NHKなどでドラマ化されたが映画化は初めて。角川春樹氏が最後の監督作品として手がけ、旧知の監督からオファーを受けた。

「監督は、亡くなった母と句会が一緒で、子どものころからの知り合いです。僕が無名のころから応援し続けてくださるので恩義を感じています。最後の作品に声をかけていただけた特別な思いと、役者として必要とされていることも重なって、うれしかったです」

■歌舞伎で主役は無理
映画から“逆輸入”

出演した角川監督のプロデュース映画『男たちの大和/YAMATO』(2005年公開)は大ヒット。オーディションでつかんだデビュー映画『ピンポン』( ’02年公開)とともに、代表作になった。

「19歳のときに“歌舞伎で主役は無理です”と言われたけど、あきらめずにチャレンジして自分の道を切り開いていくと決めました。そうしたなかで、映画が僕の名前を世に広めてくれたと思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.