くらし情報『麻倉未稀、テレビ番組で乳がん発覚「手術後、すぐ歌わせて!」と主治医に懇願』

2020年10月17日 13:00

麻倉未稀、テレビ番組で乳がん発覚「手術後、すぐ歌わせて!」と主治医に懇願

麻倉未稀、テレビ番組で乳がん発覚「手術後、すぐ歌わせて!」と主治医に懇願
麻倉未稀
10年ぶりの乳がん検診で、左乳房に2つのがんが見つかった。そのとき、麻倉未稀の頭に真っ先に浮かんだのは「歌えなくなったら」という不安。歌を優先しながら、持ち前のポジティブさで、手術も治療も笑顔で乗り越えてきた。(以下、麻倉さんのコメント)

* * *

■この乳がんにもきっと意味がある

乳がんが見つかったのは3年前。テレビ番組の企画でした。それが5年ぶりの人間ドックで、乳がん検診は10年ぶり(笑)。でも、無関心だったわけではないの。実は40代のころに『乳血栓』という症状があり、がんを疑って、乳腺外科を受診していたんです。

当時、先生から「念のために3か月ごとの検査を3年間続けましょう」と言われ、きちんと守っていました。でもこの3年間、がんの兆候は見られなかったんです。だから、どこかで安心していたのかな。でも10年ぶりの検診で、実は当時すでに、がんが存在していたとわかったんです。でも私はマンモグラフィーに映りにくいタイプの『高濃度乳房』だったから、判断が難しかったのね。乳がんと判明したときは、乳頭の裏にある10年前のがんと、新しい2つのがんが、左乳房に混在している状態でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.