くらし情報『八千草薫さん「未公開エッセイ」に綴られた「愛あふれた50年」の残香』

2020年10月19日 16:00

八千草薫さん「未公開エッセイ」に綴られた「愛あふれた50年」の残香

八千草薫さん「未公開エッセイ」に綴られた「愛あふれた50年」の残香
八千草薫さん
名作ドラマ『うちのホンカン』『岸辺のアルバム』(ともにTBS系)や、1987年の映画『ハチ公物語』、2013年公開の『くじけないで』……数えきれないほど多くの作品に出演し、老若男女問わず誰からも愛された大女優・八千草薫さんがこの世を去ったのは、2019年10月24日のこと。

「膵臓がんを患われて。それでも治療を続けながらドラマや舞台で主演を務めていました。亡くなる前もテレビ朝日系の『やすらぎの刻~道』にも出演されてね。女優という仕事に向き合い続けた方でした」(テレビ局関係者)

その八千草さんが亡くなる直前、2019年5月に上梓したのが、34編からなるフォトエッセイ『まあまあふうふう。』(主婦と生活社)。八千草さん最後の著書である本書には、“収録されるはずだった”幻の原稿があった。担当編集者が振り返る。

「本が完成する前、原稿を見返していた八千草さんが“やっぱりこの話は恥ずかしいわ……おのろけがすぎるみたいで”とおっしゃられて。素敵なお話だったのですが、結局“これは八千草さんとご主人だけのエピソードにしておきましょう”ということに」

■未公開エッセイに夫婦の真実が

その未公開エッセイを週刊女性は入手。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.