くらし情報『【筒美京平さん追悼】マッチやトシにC-C-B、ギンギラヒットに隠された慧眼秘話』

2020年10月19日 21:00

【筒美京平さん追悼】マッチやトシにC-C-B、ギンギラヒットに隠された慧眼秘話

【筒美京平さん追悼】マッチやトシにC-C-B、ギンギラヒットに隠された慧眼秘話
左から近藤真彦、田原俊彦、中森明菜
日本歌謡界の大作曲家、筒美京平さんが10月7日、誤嚥性肺炎のため自宅で亡くなった。

ジュディ・オング『魅せられて』、近藤真彦『スニーカーぶる~す』をはじめ、アニメ『サザエさん』主題歌など、1960年代から現代まで数々のヒット曲を世に送り出してきた。作曲者としての総売り上げは7560万枚と、堂々の歴代1位。数々の記録を残してきた巨星だが、表舞台に出ることを嫌っていた。そんな筒美さんの素顔とは─。

「有名になってもテレビや雑誌の取材には極力、応じませんでした。ただし、“家でじっとしている謎の人”と紹介されることもありますが、それは違っていますね」

そう語るのは、筒美さんの楽曲を管理する『日音』元会長で、筒美さんと長年、仕事をしてきた恒川光昭さんだ。

「京平さんは趣味が多彩で、アクティブな人。ジムに毎日通い、テニスもうまかった。旅行も好きで、急に1人でモルディブに行き、作詞家の松本隆さんとはアマゾンへ、売野雅勇さんとはケニアに行っていました。

グルメでもあり、国内はもとより海外の店も知っている。私もハワイやグアムに連れていってもらい、おいしい料理をごちそうになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.