くらし情報『大黒摩季が語る「コロナ禍でのライブツアー完走の秘策」「三浦春馬さんとの思い出」』

2020年10月22日 17:00

大黒摩季が語る「コロナ禍でのライブツアー完走の秘策」「三浦春馬さんとの思い出」

大黒摩季が語る「コロナ禍でのライブツアー完走の秘策」「三浦春馬さんとの思い出」
大黒摩季は“50歳で50個のトライ”を宣言するも「達成したのは13個ほど」。新しい恋にも挑戦しようとしていたが、コロナ自粛でいまだかなわず
「お客さんたちが本当に愛おしくて。コロナで、自分たちの意志とは関係なく引き離されてしまったじゃないですか……まるでロミオとジュリエットみたいに」

かみしめるように話すのは、シンガー・ソングライターの大黒摩季。新型コロナウイルスの猛威がおさまらない中、10月7日から全国14都市を回る有観客のライブツアーを開始した。

「スタッフは2週に1度、私は本番前に必ずPCR検査をしています。ホントは私も2週間に1度くらいでいいんですけど、自分が嫌なんです。ファンの方たちと会うときに、絶対にうつす側にはなりたくないから」

感染防止対策を専門家からレクチャーしてもらい、1600人入る会場でも観客を500人に減らすなど、ライブは万全の対策をとって行われている。

「私のファンはお母さん世代から上の世代が多いですから、子どもや自分の親にうつしたらどうしよう、なんていう不安感や恐怖感をできるだけ取り除いてあげたい。やりすぎぐらいの感染対策をすることで、初めてライブを楽しむっていう気持ちになってもらえると思ったんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.