くらし情報『《兵庫・宝塚》アイス食べられ生徒に暴行の教師、他生徒には「優しい先生」の二面性』

2020年10月21日 05:00

《兵庫・宝塚》アイス食べられ生徒に暴行の教師、他生徒には「優しい先生」の二面性

《兵庫・宝塚》アイス食べられ生徒に暴行の教師、他生徒には「優しい先生」の二面性
授業中は確かに優しそうな雰囲気が……
「2つの手は、人を助けるためと、自分のために使おう」

と4年前、前任校の離任式で述べていた中学校教員がその両手を、教え子を痛めつけるために使ってしまった──。

■生徒に寝技と投げ技をかけ、背骨を骨折

兵庫県の宝塚市立長尾中学校の柔道部顧問・上野宝博(たかひろ)容疑者(50)が9月25日、1年生の部員Aくん(12)と部員Bくん(13)に、暴力行為を働いたのだ。

柔道部OBが差し入れした冷凍庫のアイスを無断で食べたとして激怒。

「ごめんなさい」とAくんは3回謝ったが、「今ごろ言っても許さん」と黒帯・三段の容疑者は無理やり投げ技をかけて失神させた。

その後、両頬を数回殴り覚醒させ、寝技と投げ技を10回ほど繰り返し、背骨を骨折する全治3か月のケガを。Bくんにも同様の暴行を行い、首に軽傷を負わせてしまった。

部の副顧問もこの現場にいたが、あまりの剣幕に止めることができなかったようだ。

「その後、被害者の親が警察に相談。10月上旬に被害届が出され、12日に逮捕となりました」(地元メディア記者)

ところが容疑者は、

「(暴力の)事実は間違いないがAの意識がもうろうとしていたため平手で頬をビンタしただけ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.