くらし情報『“禁断の逢瀬”を15年続けた60代女性の結末は、ホテルが舞台の「シニア恋愛模様」』

2020年10月24日 08:00

“禁断の逢瀬”を15年続けた60代女性の結末は、ホテルが舞台の「シニア恋愛模様」

“禁断の逢瀬”を15年続けた60代女性の結末は、ホテルが舞台の「シニア恋愛模様」
※写真はイメージです
「月数回、利用される70代のカップルはいつも仲よく手をつないで来店していますよ」

そう話すのは東北地方のラブホテル関係者。

若いカップルが行くところ──。そんなイメージとは裏腹にラブホテルを利用するシニアが近年、増えている。

■時間とお金に余裕があるシニア層の利用が増加

「ラブホテルは1960年代ごろから市民権を得てきましたが、そのころからラブホテルを利用してきた団塊世代がシニアになった今も“なじみの場所”として訪れているようです。今の60代、70代は仕事を続けている人も多いですし、ベッドでもとてもエネルギッシュなんです」

と、ラブホテル評論家の日向琴子さんが明かす。

また、長年ラブホテルの運営管理に携わってきたTRUSTAR代表取締役の嶋野宏見さんいわく、

「若者の恋愛離れや草食化、さらに長引く不景気によって若年層の利用客が減ってきました。それに対して時間とお金に余裕があるシニア層の利用が相対的に増えている、とも言えますね」

前出・嶋野さんによると昼間の客層は「シニアが3〜4割」だとか。

そうしたことからラブホテル側も高齢者向けのサービスに注力しているのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.