くらし情報『大村崑「当時の僕は“元気ハツラツ”じゃなかった」、『オロナミンC』秘話を初告白』

2020年10月26日 17:00

大村崑「当時の僕は“元気ハツラツ”じゃなかった」、『オロナミンC』秘話を初告白

大村崑「当時の僕は“元気ハツラツ”じゃなかった」、『オロナミンC』秘話を初告白
大村崑さん
「元気ハツラツ!」の文字と一緒に描かれた古い看板のメガネの男性。昭和を代表する喜劇役者・大村崑(88)が、令和になって筋肉ムキムキになっていた!もうすぐ卒寿でも元気そのもの。初めて明かす自身の秘密と、いま感じている時代の変化について、ジックリ聞いてみた。

■週2回『ライザップ』に通っています

「きっかけは梅沢富美男です。彼とは仲もいいのですが、日本全国どこへ行っても、彼の姿が目に入るでしょ。それで夫婦でやってみようって」

ピンと伸びた背筋、引き締まった肉体、たくましい二の腕──。これが11月1日に89歳になる大村崑のものだと信じられる読者は何人いるだろうか。彼が街中で目にした“大衆演劇のスター”がダイエットに成功したポスターやCMをキッカケに“結果にコミット”しようと考えたのは’18年4月のことだった。

「週2回『ライザップ』に通っています。女房のほうがハマっちゃって週4回も通っています。食事は1日2食です。ジムへ行く2時前に食べて、夕食は夜8時。寝るのは深夜3時です。朝は午前11時くらいに起きますね」

ストイックになるのも変化を実感しているため。

「ライザップの帰りは、地下鉄の階段とか上がれないぐらいの筋肉痛になるのですが、何日かしたら回復する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.