くらし情報『独身中年男性の実家暮らし「子ども部屋おじさん」のリアルな生活をのぞき見』

2020年10月21日 04:00

独身中年男性の実家暮らし「子ども部屋おじさん」のリアルな生活をのぞき見

独身中年男性の実家暮らし「子ども部屋おじさん」のリアルな生活をのぞき見
※写真はイメージです
実家で親と同居する未婚の中年男性のことを「子ども部屋おじさん」という。ネガティブな印象を受けるが当事者たちはいたって楽観的。“勝ち組”とも思える彼らの生活に迫った。

■両親との関係はいたって良好

3人の「子ども部屋おじさん」に取材をしたが、彼らは一様に穏やかで前向きなごく普通の青年だった。

ブログで自らのことを発信する三橋雄二さん(34歳・会社員=仮名)によると『子ども部屋おじさん』は実家暮らしで未婚の中年男性ということだけでなく、「学習机がある」「内向的」「現状について保守的な人が多い」「異性と交際したことがない」などの共通点があるという。

自立していないと言われるが、定職を持ち、稼いだお金を実家にしっかり入れている。ムダな家賃の支払いがないので、合理的ともいえる生活だ。貯蓄もある、家もある、同居する家族との関係もさほど悪くない……。結婚相手としてもアリでは?

●椎葉博之さん(38歳・会社員=仮名)

「ひとりっ子なので両親のことが心配です」

栃木県の椎葉博之さんは60代後半の両親と3人暮らし。1度は大学進学で県外に出たが、生活は苦しく、両親が心配だったこともあり、20代後半で実家に戻り、子ども部屋おじさんになった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.