くらし情報『“脱ハンコ”で離婚もオンライン化!「ハンコは人生を凝縮したひと押し」専門家が警鐘』

2020年10月24日 13:00

“脱ハンコ”で離婚もオンライン化!「ハンコは人生を凝縮したひと押し」専門家が警鐘

“脱ハンコ”で離婚もオンライン化!「ハンコは人生を凝縮したひと押し」専門家が警鐘
※写真はイメージです
テレワークの普及で“脱ハンコ”の追い風が吹き荒れている。その風は人生の節目を左右する「婚姻届」「離婚届」にも及んだ。

上川陽子法務大臣は9日の会見で「婚姻届や離婚届の押印は廃止する方向で検討している」と述べた。

現在、婚姻や離婚はそれぞれが届け出に署名し印鑑を押して役所に提出する必要がある。これらの捺印は認め印でも届け出が可能なため、法務省も「廃止することができる」という見解をみせているが、

「自分で記入して捺印まですることは心理的なプレッシャーがかかっています。これがいちばん大事。離婚を勢いで考えている人には“本当にいいのか”とハンコを押すときに冷静に考える機会を与えてくれます。その時間が取れなくなれば、離婚が増える可能性は十分あると思います」

そう話すのは、行政書士の小竹広光さん。

さらに夫婦問題カウンセラーの高橋知子さんも、

「離婚届には面倒くささが大切なんです。証人探しや記入、捺印の手間を考えると、“やめておこう”とか“気が重い”と考える人もいます。迷っている人は手続きに手間がかかれば、その間に気持ちが変わることもあるんです」

■オンライン化で離婚が激増する!?

さらに脱ハンコだけではなく「オンライン化」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.