くらし情報『介護費用の平均総額は400万円以上! プロが説く出費を“最小限に”抑える8つのコツ』

2020年10月22日 06:22

介護費用の平均総額は400万円以上! プロが説く出費を“最小限に”抑える8つのコツ

介護費用の平均総額は400万円以上! プロが説く出費を“最小限に”抑える8つのコツ
※写真はイメージです
親が高齢になると、いつその日がやってきてもおかしくない介護の問題。

介護にはお金がかかる。介護の平均期間と平均月額費用をかけ合わせた平均総額は425万円余り。重い負担だ。

「行き当たりばったりで介護に臨むと出費は膨むばかり。一方で、苦しくても職場では介護のことを口にできず、1人で抱え込みがち。介護離職は介護開始から半年の間が多いのですが、そうなったらもっと経済的にきつくなります」

と話すのは、介護のお金に詳しいファイナンシャルプランナーの柳澤美由紀さん。

65歳以上の親が「要介護認定」を受ければ、公的な介護保険サービスを利用できる。ただし、サービス利用料の1割(一定以上の所得がある場合は2~3割)や介護保険対象外のサービスは自己負担のため、これをどう抑えるかがカギに。また、在宅介護より施設介護のほうがお金がかかる点も認識しておくべきこと。

「介護は夫婦、親族で取り組む“プロジェクト”です。まず情報を集め、専門家に相談して作戦を練る。そのうえで実行すればプロジェクトは成功する。介護の費用を賢く抑え、心の負担も軽くなるのです」

■介護が視野に入ったら

【コツ1行動日記やタイムスケジュールをつける】

親が病に倒れるなどして医師に介護が必要と宣告されたら、介護保険の申請手続きを。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.