くらし情報『【アラフィフ必読】定期付終身保険と2000年前後の医療保険のデメリット』

2020年10月23日 08:00

【アラフィフ必読】定期付終身保険と2000年前後の医療保険のデメリット

【アラフィフ必読】定期付終身保険と2000年前後の医療保険のデメリット


※画像はイメージです
長引くコロナ禍、収入が減り家計のやりくりがつらい状況に。そこで注目したいのが保険料負担だ。毎月決まって出ていく出費で金額が大きいだけになんとか減らしたい!

ただその一方で、コロナにかかってしまったらという不安も。わが家の保険、いったいどうすりゃいいの?そこで、保険事情に詳しいファイナンシャルプランナーの竹下さくらさんに話を聞いた。

「保険料は、家計全体の支出の5%以内に抑えましょう。若い世代なら教育費の負担がのしかかりますし、それがなくなる50代は、加入している保険によっては保険料が上がりやすい年代なので要注意です」(竹下さん、以下同)

保険料を抑えるには、やっぱり保険の死亡保障や医療保障を削りまくるしかない?

「実はコロナ禍により、逆に医療保障を充実させたいという要望もよく聞くようになりました。コロナは、『1度かかると長引く』『治った後もしばらく仕事を休まなくちゃいけない』ため職場復帰が簡単にできません。不安に備えるのが保険ですから、医療保障を充実させるのはかまいません。今は魅力的な保険もいろいろ登場してますしね。ただ、収入、家計に見合ったものにするためには、別の保障を見直して、削らないと」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.