くらし情報『嵐 “極秘収録” のラストライブ、音漏れ目当てのファンが現場に殺到!? の真相』

2020年10月22日 06:40

嵐 “極秘収録” のラストライブ、音漏れ目当てのファンが現場に殺到!? の真相

オンラインなのに、普段のライブと変わらない料金なのが納得できなくて……」(ファンのひとり)

チケット価格については、ライブ配信を手がける映像制作会社『バルス』の林範和さんが次のように解説する。

「オンラインライブでは、臨場感を補うための演出コストがかさみますし、事前収録となると編集費もかかります。今回のチケット代は“相場より少し高いけれど、それほどの演出なんだろう”と期待を膨らまされる価格なのでは」

■『国立』に集まるのはやめよう

林さんによると『アラフェス』の“演出”はすでに始まっているという。

「特設サイトでのメンバーによる動画配信や、ライブのために開設された公式SNSなど、11月3日に向けた過程も楽しめるように工夫されています。ライブ当日だけというより、開催日までのコンテンツでファンのモチベーションを上げて、“嵐とファンの一体感”を作っていますね」

一方、特設サイトでは、コロナ対策や近隣への迷惑を避けるため、“『国立』に集まらないように”と、嵐からもお願いされているのだが……。「“毎日通えば、会場から漏れる嵐の歌声を聴くことができるかも”と、ファン同士が協力してシフトを組んで、『国立』に通っているという話を聞きました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.