くらし情報『永作博美、アイドルから女優の道へ “芝居の楽しさに目覚めた” きっかけとは』

2020年10月22日 21:00

永作博美、アイドルから女優の道へ “芝居の楽しさに目覚めた” きっかけとは

永作博美、アイドルから女優の道へ “芝居の楽しさに目覚めた” きっかけとは
永作博美撮影/佐藤靖彦
「最初は血のつながりのない特別養子縁組で迎え入れた子どもと親の距離感ってどうなんだろうって、たくさん想像してみたんです。でも、実際に養子縁組された方にお会いしたり、役に入り込んでいくうちに、理屈じゃないんだと気づいて。

子どもとの関係はそれぞれ個々の性格によっても変わってくるし、血のつながりがあってもなくても、育て、育てられるという親子。だから、たくさんコミュニケーションをとって、私の“愛でる”日々を過ごしていました」

■映画の“その後”を
夫役の井浦らと披露

特別養子縁組で男の子を迎え入れた夫婦と、実の子を育てることができなかった14歳の生みの親の葛藤や絆を描くヒューマンミステリー『朝が来る』。

永作博美は特別養子縁組で母親になった栗原佐都子を熱演。監督は東京五輪の公式映画監督にも就任した河瀬直美(「瀬」は正しくは旧字体)。「ご一緒できてうれしかったです」と永作は初の河瀬組を心待ちにしていたそう。

「周りから独特の雰囲気のある方と聞いていたので、それが体験できるしハードルの高い役をいただけてうれしく思いました。最初は難しい方なのかなと思いましたが、自分の求めるものを追求する、素直な願望の持ち主。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.