くらし情報『真矢ミキ、胸中を語る “25年来の友人” 岡江久美子さんとの別れを乗り越えて』

2020年10月24日 17:00

真矢ミキ、胸中を語る “25年来の友人” 岡江久美子さんとの別れを乗り越えて

真矢ミキ、胸中を語る “25年来の友人” 岡江久美子さんとの別れを乗り越えて
真矢ミキ撮影/佐藤靖彦
コロナ禍によるさまざまなニュースでは、有名芸能人の死去も伝えられ衝撃が走った。そのひとり、岡江久美子さんとは25年来の友人。突然の訃報から半年、亡き友への惜別と、悲しみを経て挑む主演ドラマへの思いとは――。

■理解できない悲報
涙にくれ悲しい酒

「自粛期間中、ただただ心が無になり苦しかったです」

そう胸中を明かす真矢ミキ。

4月、25年来の友人、岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった。突然の訃報。最後のお別れもできない。喪失感は大きかった。

「彼女のことを考えるたび、涙が止まらず、ときにはお酒の力を借りたこともありました」

岡江さんとは宝塚の花組トップ時代に知り合った。劇場の楽屋口で出待ちをする大勢のファンに交じって、大きなかけ声をしている姿が目にとまった。

「女優の方だし、朝の情報番組(『はなまるマーケット』)の司会をされていらしたころだったので、有名な方がもみくちゃにされていて、めちゃめちゃ目立っていました。初対面でしたが、思わず“何しているんですか?岡江さんですよね?危ないので、ここにいるのはやめてください”とお伝えしたのを覚えています」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.