くらし情報『槇原敬之が作曲した『ヒルナンデス!』のテーマ曲が変更で思いだすマッキーの迷言』

2020年10月22日 11:00

槇原敬之が作曲した『ヒルナンデス!』のテーマ曲が変更で思いだすマッキーの迷言

槇原敬之が作曲した『ヒルナンデス!』のテーマ曲が変更で思いだすマッキーの迷言
槇原敬之
平日昼のバラエティー『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のテーマ曲が変わった。9年前のスタート時から槇原敬之の『LUNCH TIME WARS』が使われてきたが、今年2月、彼が不祥事(覚せい剤取締法違反による2度目の逮捕)を起こしたことから、流れなくなってしまう。その後、7か月半の空白期間をおいて、くしくもデビュー30周年を迎える10月から、公募で選ばれた別の曲が使われるようになった。

■マッキーが残した“迷言”

槇原によるテーマ曲としては『じゅん散歩』(テレビ朝日系)の『一歩一会』もお役御免となり、彼自身、活動休止中だ。

しかし、彼は1度、奇跡を起こした男である。1999年の最初の逮捕のあと、SMAPに提供した『世界に一つだけの花』が平成最大の国民的ヒット曲になったことで、以前にも勝る名声を得た。彼の作品はますます大衆に親しまれるようになっていたのだ。タイアップを依頼する側も、再犯のリスクはあまり想定していなかったのだろう。

とはいえ、予兆はあった。最初の逮捕のあと、インタビューで、「過ちを繰り返す」可能性について聞かれたとき、彼は、いきなりこう切り返した。

「万引きって、可愛い万引きなら、実は誰でも経験あったりするじゃないですか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.