くらし情報『松田聖子は「新しいアイドルの扉を開けた」、クリス松村が熱弁する“聖子の偉業”』

2020年10月21日 16:00

松田聖子は「新しいアイドルの扉を開けた」、クリス松村が熱弁する“聖子の偉業”

松田聖子は「新しいアイドルの扉を開けた」、クリス松村が熱弁する“聖子の偉業”
松田聖子
’80年にデビューして40年。“ぶりっ子”アイドルからアーティストへ、芸能界を走り続けて常に注目を集めてきた聖子。そんな聖子を「スター中のスター」と崇めるクリス松村さんが語った松田聖子が切り開いていった「新しいアイドル像」とは……。

■クリス松村が語る「松田聖子の偉業」

「セカンドシングル『青い珊瑚礁』を歌っている姿を見て、デビューして2、3か月なのに、なんでこんなにきれいになったの、という驚きがありました。’70年代にもアイドルはいっぱいいたけど、この子は違うって」

クリスの予感は当たっていた。聖子は、作詞家・松本隆とタッグを組み、ユーミン、財津和夫、大瀧詠一、細野晴臣といったニューミュージックのアーティストたちとコラボして、立て続けにヒット曲を量産していく。

「アイドル歌手は’70年代からニューミュージックの人たちの楽曲を歌ってきました。でも聖子さんの成功をきっかけにコラボするアイドルが急増。そして聖子さんとともにニューミュージックの人たちもヒットチャートをにぎわせるようになった。音楽新時代に相乗効果で突入した感じ」

’82年組がアイドル黄金期といわれるが、’80年にデビューした聖子や河合奈保子、そして、たのきんトリオがいなかったら、’82年組のブレイクもなかったと話すクリス。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.