くらし情報『《秋の味覚》さつまいもの「ホクホク&ねっとり」の秘密! 自分好みの“おいも選び”』

2020年10月27日 14:00

《秋の味覚》さつまいもの「ホクホク&ねっとり」の秘密! 自分好みの“おいも選び”

《秋の味覚》さつまいもの「ホクホク&ねっとり」の秘密! 自分好みの“おいも選び”
※写真はイメージです
秋の味覚のさつまいも。甘くてホクホク……だけと思ったら、いまスーパーには新タイプのさつまいもがいっぱい!いまどきのさつまいもを味わいつくすための“おいしいワザ”をご紹介します!

■さつまいも、ホクホク&ねっとりの秘密

さつまいもといえば、これまでは「ホクホク」とした食感の品種が主流でしたが、近年「ねっとり」とした食感の品種が続々と登場し、注目を浴びています。なかでも代表的なのが「べにはるか」。

べにはるかは農業試験場でさつまいもの品種改良をしていた山川理さんらにより、世に送り出されました。

「子どもやお年寄りが飲み込みやすい、粘質系(ねっとりタイプ)のさつまいもを作りたい」と考え、長年の品種改良の末、開発することができた自信作。しかし最初は「ホクホクしてないと、さつまいもじゃない」と考えるさつまいもの生産者や関係者から受け入れてもらえませんでした。

転機が訪れたのは12年前。スーパーマーケットに置かれている「焼きいもオーブン」で、ねっとり品種の焼きいもが販売されたところ、売り上げが急増。ねっとりして甘いべにはるかは、大きなインパクトがあり、「焼きいもはホクホク」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.