くらし情報『「もう学校に行きたくない」コロナを機に不登校になった少女が抱える “リアルな闇”』

2020年10月27日 04:00

「もう学校に行きたくない」コロナを機に不登校になった少女が抱える “リアルな闇”

「もう学校に行きたくない」コロナを機に不登校になった少女が抱える “リアルな闇”
不登校となってしまった紗季さんと母の友梨さん
「もう学校へ行きたくない」

東京都立川市の小学5年生、紗季さん(11歳、仮名)がそう言い出したのは、1学期の終業式だった。新型コロナ感染拡大防止のため、政府は一斉休校を要請。全国の学校では5月8日まで休校となり、東京都はは5月31日まで延期となった。

■挙手回数のノルマ設定

紗季さんの学校は6月に入ると分散登校が始まり、クラスの雰囲気はこれまでのものとは打って変わり、決して居心地のいいものではなかった。そんな中、担任教諭からの不適切な指導を理由に紗季さんはストレスを抱え、登校を渋り出した。

2学期が始まると、精神的な影響があるのか不眠や過食の症状が現れ、ついに不登校となってしまった。

紗季さんは5年生になるまで、ほかの児童や教師との関係を理由に学校へ行きたくないと思ったことはなかったといい、1学期も無遅刻、無欠席。しかし、終業式から帰ってくると、母親の友梨さん(33歳、仮名)に、はじめて「学校へ行きたくない」と口にしたという。

一体、何があったのか。心配になった友梨さんは、紗季さんやほかの児童や保護者から学校での娘の様子を知るために話を聞くと、紗季さんがストレスを抱いた原因となった、担任教諭の「不適切な指導」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.