くらし情報『いじめられた子の親に「転校したほうがいい」、学校の権力に迎合しがちなPTAの病み』

2020年10月26日 11:00

いじめられた子の親に「転校したほうがいい」、学校の権力に迎合しがちなPTAの病み

子どもが同級生にいじめられ、学校には取り合ってもらえなかったどころか、PTAから「転校したら」と促されてしまったーー。PTAはなぜ学校側をかばい、いじめられた子どもを学校から排除するような働きかけをしてしまったのか?いま、学校で“本当に起きていること”。ノンフィクションライター・大塚玲子さんがお伝えします。

いじめられた子の親に「転校したほうがいい」、学校の権力に迎合しがちなPTAの病み
※画像はイメージです
子どもが同級生にいじめられたが、学校には取り合ってもらえず、しまいにはPTAから「転校したら」と促された――。先日、こんなショックなツイートが話題になりました。

PTAというのはどちらかというと、「学校と保護者の間をとりもつ団体」というイメージの人が多いでしょう。それがなぜ、いじめられた子どもを学校から排除するような働きかけをしてしまったのか?

何が起きたのか、ツイートをした女性・Rさんに、経緯を聞かせてもらいました。

■校長は「いじめではない」
保護者からは「迷惑」と言われ

Rさんの娘、A子さんがいじめられるようになったのは、いまから約4年前、小学校に入って間もないころでした。低学年のころは、持ち物をゴミ箱に捨てられたり、上履きを隠されたり。3年生になると、グループ内での無視や仲間外れも起き、靴の中に石や小枝を入れられたこともありました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.