くらし情報『「赤ちゃんを捨てた」罪をひとりで背負う母親、傍聴人が問う “父親” の理不尽さ』

2020年10月26日 16:00

「赤ちゃんを捨てた」罪をひとりで背負う母親、傍聴人が問う “父親” の理不尽さ

後を絶たない、新生児遺棄事件。その時、罪に問われるのは、必ずと言っていいほど母親となる女性側。だが、子どもは一人では作れない。当然、父親となる男性にも責任があるはずだが、彼らが逮捕されることはほとんどない。先日公開され、反響を呼んだ記事『新生児遺棄事件、責任を負わない “父親たち” が犯した「罪にならない大罪」』。「こういう記事を待っていた」という傍聴人でフリーライターの高橋ユキさん。数多くの事件を取材してきた高橋さんに、これらニュースへの思いを聞いた。

「赤ちゃんを捨てた」罪をひとりで背負う母親、傍聴人が問う “父親” の理不尽さ
※写真はイメージです
「トイレで出産」「逮捕」……こんなワードでネット検索をかけると、いくつものニュース記事がヒットする。

それらの多くが、コンビニや自宅、またはバーなどのトイレで出産し、そのまま赤ちゃんを放置して立ち去った女性や、ロッカーに入れて立ち去った女性、あるいは産んだばかりの赤ちゃんを窓から投げた女性たちが、殺人未遂や保護責任者遺棄などの容疑で逮捕された……というものだ。

■責任を問われない父親

昨年1月に、埼玉県新座市のコンビニの個室トイレで女児を出産し、そのまま立ち去った20代の女性は、同年4月に殺人未遂容疑で逮捕された際「一人では子どもを育てられないし、妊娠したことを親に告げていなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.