くらし情報『嵐が被災地に寄り添った歴史、「松潤の胸熱メッセージ」と「二宮からの手紙」』

2020年10月30日 21:00

嵐が被災地に寄り添った歴史、「松潤の胸熱メッセージ」と「二宮からの手紙」

嵐が被災地に寄り添った歴史、「松潤の胸熱メッセージ」と「二宮からの手紙」

大ブレイクを果たし、国民的アイドルになった嵐は、日本の危機に立ち上がった。

「’11年の東日本大震災のチャリティーイベントとして、『嵐のワクワク学校』を開催しました。6月に行われる予定だった東京ドーム公演を、電力不足を考慮してチャリティーイベントに変更して実施。収益金の約2億円は東北の被災地に寄付されました」(スポーツ紙記者)

’12年2月に放送された『音楽のちから』(日本テレビ系)の企画では、宮城県の『七ヶ浜国際村』に被災地から500人を招待して大規模なライブを開催した。ライブの前にはメンバーがサプライズで仮設住宅を訪れていたのだが、彼らの訪問を受けた佐藤智子さんは驚いたという。

「事前にライブに応募したところ、テレビ局から“芸能人が来る”とは聞いていたのですが、まさか嵐が来るなんて思いませんでした。5人は私ともう1軒の家のふた手に分かれていました。私のところには、大野智さんと松本潤さんが来てくれました。2人は、私がいちご狩りに行った帰りに被災した話をすごく真剣に聞いていましたね」

当時3歳だった佐藤さんの息子に、松本はこんな“胸熱”メッセージを送っていた。

「2人が帰るときに、息子がアメを渡していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.