くらし情報『槇原敬之の曲はなぜ心に刺さるのか、専門家の解説とファン700人が選んだ名曲』

2020年11月1日 21:00

槇原敬之の曲はなぜ心に刺さるのか、専門家の解説とファン700人が選んだ名曲

今でも私とケイコ先生は、この曲を聴くと涙があふれてきちゃうくらい。『OrdinaryDays』もそう。“賢くなって自分を守れ”というフレーズがあって、勝手に自分たちへの応援ソングだと思って受験勉強をしていました」

■アルバム曲も高い支持

今回、アンケートを取るにあたって、編集部は代表曲を含む21曲をあらかじめ選曲。「もしこの中になければ自身でチョイスしてください」と注釈をつけ実施したのだが、驚くことに返答の半分近くが21曲以外からの選出だった。

ランキングで2位に位置する『LOVE LETTER』や5位の『MILK』は、アルバムに収められている楽曲だ。

「『MILK』は自信をなくしたときや傷ついたとき、ありのままの自分でいいんだよ、と認めてくれたように感じて癒されます。今でも癒されてます」(東京都・女性41歳)

「『LOVE LETTER』は就職することになった友人を勇気づけながら駅まで見送る歌なんですけど、ファンの間ではこのホームは槇原さんの故郷である高槻駅なんじゃないのかって。私、しっかり高槻まで行って聖地巡礼してきました」(坂本ちゃん)

ヒット曲に人気が集中することなく、アルバムの曲までさまざまな曲がアンケートに寄せられる─。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.