くらし情報『原節子・山口淑子が生誕100年、激動の時代を生き抜いた「伝説の2大女優」の軌跡』

2020年10月30日 05:00

原節子・山口淑子が生誕100年、激動の時代を生き抜いた「伝説の2大女優」の軌跡

原節子・山口淑子が生誕100年、激動の時代を生き抜いた「伝説の2大女優」の軌跡
結婚を機に女優を引退する山口のため、原の呼びかけで製作された映画『東京の休日』で共演したふたり。山口は米国帰りの新進デザイナー役、原はファッション界の重鎮役を演じ、上原謙、八千草薫、司葉子、宝田明らが出演した『東京の休日』(C)1958東宝
ともに1920年に生まれた女優、原節子と山口淑子が生誕100年を迎えた。
戦前、戦中、戦後の激動期を生き芸能史に残る、ふたりの軌跡――。

■家庭の事情で女優に
“永遠の処女”引退

昭和を代表する2大女優、原節子と山口淑子の生誕100年を記念した特別展が、神奈川県の鎌倉市川喜多映画記念館で開催されている。

原は、1920年6月17日生まれ。山口は、1920年2月12日生まれ。ふたりに共通しているのは、年齢だけではない。戦前に自らの意思ではなく芸能界にデビューし、戦中は国家に翻弄され、戦後は大女優として地位を確立する。

しかし、原は42歳で引退宣言することなく表舞台から去り、山口は女優を引退し、ジャーナリスト、政治家の道を歩み、同じような境遇とともに、対照的な生き方をしている。

原は、裕福な家庭に生まれたが世界恐慌のあおりで家業が傾き、女学校を中退して14歳で女優に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.