くらし情報『乳がん検査はもう「痛くない」最新の無痛検診を段取りから費用まで詳細レポート!』

2020年10月30日 08:00

乳がん検査はもう「痛くない」最新の無痛検診を段取りから費用まで詳細レポート!

乳がん検査はもう「痛くない」最新の無痛検診を段取りから費用まで詳細レポート!
服を着たまま、うつぶせの状態で受けられるのがドゥイブス・サーチの特徴。これなら、もちろん痛くない※画像はイメージです
女性の9人に1人が生涯のうちにかかるといわれている乳がん。有名人でも、北斗晶や、だいたひかるらタレントをはじめ、作家の室井佑月、亡くなった岡江久美子さんや小林麻央さんなど、闘病を告白する人があとを絶たない。乳がんは30代後半から増加し始め、40代にピークを迎える傾向にあり、年間9万人が新たに診断を受けている。

■乳がん検査につきまとう“負のイメージ”

乳がんの5年生存率は90%以上。早期発見できれば治る可能性が高いにもかかわらず、検診受診率は芳(かんば)しくない。欧米の70~80%に対し、日本では45%と半数にも満たない状況だ。

その理由を医療ジャーナリストの村上和巳さんは、こう指摘する。

「内閣府が調査したデータによると、“忙しいから”や“自分は健康だから”といった理由が多く挙げられています。乳がんを、まだどこか他人事だと思っている人が多いのだと思います」

また、昔ながらのイメージも影響しているという。

「病院と聞くと、男性医師を思い浮かべる人も少なくない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.