くらし情報『霜降り・せいやの記事めぐり吉本が提訴、フィフィ「テレビでいじっていいものか」』

2020年10月28日 11:30

霜降り・せいやの記事めぐり吉本が提訴、フィフィ「テレビでいじっていいものか」

霜降り・せいやの記事めぐり吉本が提訴、フィフィ「テレビでいじっていいものか」
せいや
『文春オンライン』が報じていた、霜降り明星・せいやさんがテレビ会議アプリ「ZOOM」でのオンライン飲み会で、ファンである一般女性に自身の下半身を露出などしたセクハラ問題。これに対し、霜降り明星が所属する吉本興業は、記事の内容がプライバシー侵害と名誉毀損に当たるとし、10月21日、文藝春秋社を訴えた。

新型コロナウイルスの拡大によって、ビジネスはもちろん、イベントや飲み会など、図らずもあらゆる場面でオンライン化は加速。映像の取り扱いにおける注意力の欠如について、フィフィは警鐘を鳴らす──。

* * *

まず、「画像を提供した女性側のことは訴えないの?」という意見もあるかもしれないけど、プライベートな空間のことで、何があってそういうことに至ったのかわからない部分も多い。事務所が情報を世に出した文春側だけを訴えたのは当然の流れなのかなと思います。

一方せいやさん自身は、テレビ番組などでこのことをさんざん芸人仲間からネタにされ、今やご本人も笑いに変えているけど、事務所としては商品に傷がついたわけ。イメージが悪いからと、お堅い仕事やCM、講演などがキャンセルされたり、入らなくなってしまうなど仕事に支障が出るとなれば、本人がどう振舞おうが事務所としては「はい、そうですか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.