くらし情報『デヴィ夫人の炎上発言「不妊の原因は堕胎」主張の危うさ、不妊治療で苦しむ女性の嘆き』

2020年10月28日 18:30

デヴィ夫人の炎上発言「不妊の原因は堕胎」主張の危うさ、不妊治療で苦しむ女性の嘆き

デヴィ夫人の炎上発言「不妊の原因は堕胎」主張の危うさ、不妊治療で苦しむ女性の嘆き
デヴィ夫人
デヴィ夫人の不妊を巡る発言が物議を醸している。

■生放送で
「不妊の原因は堕胎」と主張

ことの発端は、24日に放送されたバラエティー番組『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)での発言。菅義偉首相が掲げる不妊治療の保険適用拡大の話題に及んだ際、「不妊になるのは堕胎が原因です」と持論を述べたことにある。

さらに27日に更新されたツイッターでは「私の知る限り不妊の多くは堕胎の経験者」「結婚後、昔お付き合いしていた人の子を医者や夫に中絶したと正直に言える女性は皆無でしょう。結果、医者は原因不明の不妊症に悩むことになる」と発信し、炎上する事態となった。

そんな強気な姿勢から一転、デヴィ夫人は翌28日にブログを更新し、今回の発言に至った経緯を説明。また、「私の発言によって、不妊治療に当たっている方々、中絶せざるをえなかった方々等を心ならずも傷つけてしまったり、不快な思いをさせてしまったことは残念であり大変申し訳なく思っております」と謝罪した。

「テレビ局には多くの意見が寄せられたと聞いています。本人や事務所もよほどお叱りを受けたのではないでしょうか。これまで自分を通してきたデヴィ夫人が、自ら謝るのは珍しいことです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.