くらし情報『嵐、ファンにも最大限の配慮! 新国立競技場周辺で聞こえてきた『アラフェス』当日の異変』

2020年10月30日 07:00

嵐、ファンにも最大限の配慮! 新国立競技場周辺で聞こえてきた『アラフェス』当日の異変

嵐、ファンにも最大限の配慮! 新国立競技場周辺で聞こえてきた『アラフェス』当日の異変

とあるフリマアプリでは風船1つが30,000円、5つセットで45,000円という破格の商品がいずれもソールドアウト。どんな高級素材を使っているのかと思いきや、何の変哲もないゴム風船だ。“嵐フェス ARAFES 2020 at NATIONAL STADIUM”というロゴとタイトル以外は――。

■極秘裏に進められた『アラフェス』

本来であれば5月15日、16日の公演を予定していたが、コロナ禍によって延期となっていた嵐の新国立競技場コンサート『アラフェス』。

「ジャニーズは新型コロナウイルスの影響によって延期していたコンサートを、8月下旬に再開させることを予定していましたが、再延期を8月12日に発表。そして最終的に今年のアラフェスは、デビュー記念日となる11月3日にオンラインでの配信ライブとなりました」(スポーツ紙記者)

その配信ライブの収録で“事件”は起こった。

「10月24日に、国立競技場でアラフェスの事前収録が行われました。フェスの演出として打ち上げられた花火の煙や飛ばされた風船が、隣接する神宮球場まで到達。当日はプロ野球のヤクルト対中日戦が行われており、6回表に花火の煙により試合が中断。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.