くらし情報『宮本亞門“前立腺がん”を乗り越え、今だから伝えたいメッセージ「死なないで」』

2020年11月7日 13:00

宮本亞門“前立腺がん”を乗り越え、今だから伝えたいメッセージ「死なないで」

宮本亞門“前立腺がん”を乗り越え、今だから伝えたいメッセージ「死なないで」
宮本亞門
未曾有の大打撃となったコロナ禍。日本を代表する演出家であり、朗らかなイメージが強い彼にも、さまざまな苦難が訪れていた──。がんになったことにより、持つことができた新たな視点とは。そして、現在の演劇界の盛り上がりを語る。

■がんのおかげで優しくなれた

2019年、テレビの医療バラエティー番組に出演し、前立腺がんが見つかった演出家の宮本亞門。幸い、早期発見で転移はなく、手術でがんを取り除くことができた。

10月に発売された著書『上を向いて生きる』(幻冬舎)では、治療内容を赤裸々に綴り、がんとの向きあい方を伝えている。

「プライドがあるのか、前立腺の治療のことを語る男性は少ないのですが、僕はペラペラとしゃべっていたので驚かれました(笑)。

この本にも、放射線治療ではなく手術を選んで、男性機能に影響があることや、術後の尿漏れなど、身体の変化について率直に書いています。でも、誰にでも老いはやってきますし、身体のあちこちが悪くなっていくものです。できなくなったことに焦点をあてるのではなく、自分がやりたいことに心を向けて残りの人生を楽しもうと思いました」

がんを経験したことで、周りの人との関係にも変化があったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.